月経困難症治療薬ヤーズ配合錠

月経困難症とは、月経に伴う腹痛や下腹部痛などの激しい痛みと共に、頭痛や腰痛、吐き気やイライラなどの症状を含めた総称です。こうした様々な不快現象により、人によっては日常生活に支障をきたす場合もありますが、ヤーズ配合錠などの治療薬によって症状を改善させることができます。月経困難症には、このような原因疾患のない機能性月経困難症と、子宮内膜症や子宮腺筋症によって引き起こされる器質性月経困難症があります。

ヤーズ配合錠は、少量の女性ホルモン剤を補充することで体の調子を整え改善させる効果があります。女性ホルモンの分泌をなだらかにし、排卵を抑え子宮や卵巣を休ませることで生理をコントロールできます。必然的に生理が軽くなり痛みが緩和されるわけです。子宮内膜症においても活動を低下させることができるため、病巣の拡大や悪化を防ぐ効果もあります。そのため、機能性月経困難症、器質性月経困難症を問わずヤーズ配合錠を用いることができます。ただし、器質的疾患そのものの根本的な治療にはなりません。

服用を始めて1~2週間は、頭痛や軽度の吐き気、不正出血などが起こる場合があります。これらは、特に飲み始めたばかりの時期に現れますが、飲み続けることによって徐々になくなります。また、ごくまれに血管内に血の塊が詰まる血栓症につながる場合があるため、誘発しやすいたばこは控えるべきです。下肢の痛みやむくみ、手足のしびれ、激しい頭痛や胸痛、顕著な血圧上昇などは血栓症が疑われるため、直ちに主治医に連絡する必要があります。

ヤーズ配合錠は28錠が1セットになっており、生理の開始日から一錠ずつ毎日一定時刻に飲みます。服用中はセイヨウオトギリソウを含む食品を摂取しないよう注意が必要ですが、重い副作用もほとんどありません。定期検査を受けながら服用することで、月経困難症を改善できます。

■低容量ピルは生理痛緩和以外にもお肌が調子がよくなったり多くのメリットがあります
生理に伴う不快な症状を低用量ピルで改善